ベンツ値引きマン|メルセデスベンツの価格・値引き額

ベンツ値引きマン|メルセデスベンツの価格・値引き額

メルセデスベンツの価格・値引き額

ベンツの国産車の比較

 

メルセデスベンツの魅力を国産車と比較してみていく。

 

ホンダスポーツ、そしてレクサスだ。

 

ホンダスポーツ

 

ホンダスポーツのスピリッツの意地を見せる。

 

待望のs2000後継者が登場可能性大。

 

s2000コンセプト。

 

新型シビックタイプr用2リットルターボをミドシップに搭載。

 

320psのピュアスポーツいよいよ出典。

 

本だが東京モーターショーですごいことになるのは、なんといっても新しい時代のスポーツカーを提案してくれることだ。

 

北米中心に開発されたんsxよりも、日本の本田ファンを納得させるスポーツカーといえばホンダs2000後継車しか無い。

 

一昨年、海外で流出したベビーnsxと呼ばれるミドルサイズのミドシップがその正体だが、シビックタイプr用の2リットル、320psエンジンを身度に積んだスポーツカー市販の可能性はどうか?

 

これまで何度もスクープしてきたが、研究所開発関係者は研究はつづけていると証言しているものの、これからのホンダの業績次第と説明する。

 

s660でホンダファンの期待に応え、続けてんsxも出して、ホンダのスポーツカーへの関心の高さを発信できたので、次はシビックタイプrとは違ったこのクラスにうってでたいとも言っている。

 

市販はまだまだ先ながらも、コンセプトカーとしてなら、そろそろではないだろうか。

 

まさしくその発表の場に東京モーターショーはふさわしい。

 

ホンダのショーはすごいことになる。

 

nsxデビュー当時からその進化が予想されているが、次のステップとしてよりハイパフォーマンスな世界を狙ったタイプrの登場はほぼ間違いない。

 

それをベースとしたgr3がその次となり、世界中のレーシングチームに売られることになる。

 

世界のスーパースポーツもgt3を設定するがホンダも参戦する。

 

一般道からサーキットまで対応するホンダのレーシングスピリットを注入するタイプr。

 

nsxにも時間の問題で登場するとのこと。

 

レクサス

 

世界にアピールするレクサスブランドのフラッグシップモデルをフルラインアップした。

 

レクサススポーツモデルfにもターボ化を施している。

 

来年後半にフルモデルチェンジが予定されているレクサスgs。

 

トップエンジンにはgs fが用意されているが、搭載エンジンは現行型のv8、5リットルnaから新開発のv8、4リットルターボに変更される。

 

2015年にマイナーチェンジをほどこし、大幅なフェイスリフトと同時にgsfの追加をしたレクサスgsだが、現行型にモデルチェンジしたのは2015年ですでに丸4年をへて5年目に入っている。

 

時期型へのフルモデルチェンジは来年、2018年の予定で、基本的にはキープコンセプトのモデルチェンジとなり、パワートレーンについても直4、2リットルターボ、2.5里うっとるハイブリッド、3.5リットルハイブリッドというラインアップに変更は無い。

 

しかし注目は、gsfで、現在のv8、5リットルNaから一転して新開発される4リットルのv8ターボが搭載されるという。

 

これは紹介するlcfにも搭載される予定だが、gsf用は最高出力550ps程度となると言われている。

 

トランスミッションは10速atが組み合わされることになる。

 

ベンツの値引き額

 

グレードにもよるが、ベンツの値引き額は10~30万円が相場のようです。

 

ベンツは車両価格が数百万円なので、がんばれば値引き額は大きくできます。


ホーム